匠工芸無料カタログ請求


家具別 ソファ・オットマン テーブル・デスク チェア・スツール チェスト・ボード インテリア

シリーズ別 WEAVE POLPO WOOD PECKER MARTHA MUSHROOM ANIMAL STOOL KOO CHEST 07 parrot CREER CHAIR RIN CIRCLE little PLAIN SPOOL coattree muffin stool GRANDE yamanami yamanami

樹種別 ウォールナット ホワイトアッシュ ナラ メープル

2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
注文確認メール、お客様からいただきましたメールへのご返信は、当日中を心掛けておりますが、お問合わせの内容により1〜2日前後かかる場合がございます。ご了承下さいませ。 万が一、メールが届いておられない方は、お手数ですが再度ご連絡をいただけますようお願いいたします。
 
樹種紹介 >>
塗装 >>  
デザイナー >>
 

家具のお手入れについて

 
お手入れの基本

1. 家具は必ず水平に設置して下さい。
2. 日常のお手入れは、柔らかい乾いた布で軽く拭いください。
3. 塗装部には化学ぞうきんを使用しないでください。塗装面のツヤが消えたり、シミになる場合があります。
4. 万一汚れたときは柔らかい布に中性洗剤を3〜5%位に薄めたぬるま湯で硬く絞って拭き取ってください。そのあと水拭きで洗剤液を十分拭き取り、乾拭きし、十分自然乾燥させてください。
5. 天然木にとって、水分や熱は大敵です。変色や割れの原因となるので、直射日光やストーブといった発熱体の近くには置かないで下さい。
 
エクセーヌ(人工スエード)についての注意点

1. ホコリなどの汚れは、エチケットブラシで軽くブラッシングして下さい。全体の汚れが気になる場合は、ぬるま湯をしみこませ固く絞ったタオルなどで全体を拭いて下さい。乾いたらエチケットブラシで毛並みを整えて下さい。
2. 液体汚れはティッシュペーパーなどを軽く当てて吸い取って下さい。その後、ぬるま湯をしみこませ固く絞ったタオルなどで、汚れを外から内に各方向から拭いて下さい。
3. 表面に乾燥して固着した汚れは、汚れ部分を軽くブラッシングして下さい。その後、掃除機で乾燥汚れを吸い取って下さい。
4. 油汚れは、ティッシュペーパーなどで汚れが広がらない様に拭き取って下さい。その後、ベンジンを染み込ませた布で汚れ部分を外から内に叩いた後、乾いた布で浮いた汚れとベンジンを叩きながら吸い取って下さい。
オイル塗装の製品についての注意点

1. 普段は、柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。
2. 熱いものや水滴の付いたグラスを直接置かれると、輪染みの原因となります。(ランチョンマットなどを敷いて下さい。)
3. ワックスや化学ぞうきん、また消しゴムなどの使用も避けて下さい。ツヤがあがったりくもりが出たりしてしまいます。
4. オイル塗装の家具は、誰にでも簡単に上塗りが出来ますので、こまめにメンテナンスをすることをお奨めします。
椅子を使う時の注意点

1. 踏み台用としては設計されていませんので、椅子を踏み台代わりにするなど、座る目的以外では使用しないでください。転倒しケガや破損の原因になります。
2. 椅子の上に立ったり、飛び跳ねたりしないでください。
3. 座った状態で、椅子を傾けないでください。
4. 肘部や背もたれの上に腰掛けたり、乗ったりしないでください。
5. 回転機能が付いた椅子は、椅子の中央に腰掛けてください。不安定な姿勢で座ると、転倒や金具の破損の原因になります。
※3本脚や、背の高いスツールに座る場合も同様の注意が必要になります。
6. ネジ類やジョイント部はゆるみがないか時々点検し、ゆるんでいる場合は締め直して下さい。破損や転倒でケガをする恐れがあります。
 
本革を使用している製品のお手入れについて

1. 柔らかな乾いた布で表面を軽く拭いてください。
  (化学ぞうきんなどは使用しないでください)
2. 湿度の高い時期や乾燥期には月に数度、温湯(40〜50℃)に浸した布を固く絞ってかるくふいてください。その後乾拭きをし、風通しを良くして乾燥させてください。
3. 直射日光のあたる部屋はカーテンをかけてください。
4. 靴用クリーム・溶剤(シンナー・ベンジンなど)、車・床用ワックスは使用しないでください。
5. エアコン・ファンヒーターの吹き出し口の前に設置しないでください。
6. 塩素系洗剤は使わないでください。
 
合成皮革を使用している製品のお手入れについて

1. 日常は、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。
2. ビニール製品などを長時間重ねたままにすると、変色の原因になりますので注意してください。
3. 汚れ落としやお手入れのために、ベンジンやアルコール系などの溶剤が配合された物を使用しないでください。

ページトップへ